警察立会いのもと話し合い。

オーナーが意味不明な料金システムを長々とまくし立てて料金の正当性を訴えてくるが、意味不明すぎて全く頭に入ってこない^^;

そしたら民事で訴えるから弁護士事務所まで来いと。

そこで裁判に応じる誓約書を書けと言ってきた。

言われるままついていけば確実に不利になるので、そこは断固拒否。

このままじゃらちがあかないので、オーナーに一対一で喫茶店とかでゆっくり話し合いましょうと提案。

​オーナーは快諾し、二人で1軒目酒場へ。

確かにこういう流れになるとめんどくさいし、払う人は払うだろうな。

僕も交渉して、多少金払ってでももう終わりにしたいって思ってた。

店入ったら、何故かオーナーが餃子を奢ってくれたw

調子乗ってさらに「ビールもいいすか?」と追加。

飲みながら雑談交えて楽しく会話。嘘かほんとか知らんけど、色々業界の話聞けて面白かった。

2時間くらいいたかな。

僕も確かに飲んだことは飲んだので2万までなら払って良いよと言ったけど、向こうは最低でも9万だと。

結局話は平行線のまま交渉決裂。

もうすぐ始発なんで帰りますね~て店出たら、追いかけてきて態度豹変。

「お前なめてんだろ」「事務所来い」とか、さっきまで仲良く話してたのにブチ切れモード。

発狂しながら電話し出して、どうやら仲間を呼んでいるようだ。

誰が来るかと思ったら最初のチンチクリン店員だけだったんで、こいつしか呼べる仲間いないんだと逆に安心した。

でもここからめちゃくちゃ大変だった。

二人がかりで改札の中、電車の中までついてくるし写真やら動画やら撮ってくるし。

家までついて来られたらたまらんので、別方向の電車乗って適当な駅で降りた。

そしてまた警察呼んで、事情を話して付きまとわれないよう別々に帰らせてもらった。

しっかり対応して頂いた警察の方々に感謝です😂

結局一銭も払わず、逆に餃子ビールを奢ってもらいました笑