ふと思ったんだけど、ナンパを一つのゲームとして捉えた場合、そのゲーム性や学習方法を将棋に例えるとすごいしっくりくる。

将棋は将棋倶楽部24で最高レート2058(新宿将棋道場で四段)で、けっこうやり込みました。日常生活に支障をきたすので今はもう一切やらないようにしてますが。

将棋知らない人は、将棋が強い人は頭良いから先が読めるとか思ってる人が多い。
実際には違う。将棋の勝敗を決定するのはほとんど全てが事前研究。相手がこう指してきたらどういう手を指すとか事前に考えてあるんですよ。
そしてそれに付随する経験値。自分の研究手が負けた時、悔しくてさらなる対策を講じる。これは記憶に刻み込まれて絶対忘れないんですよ(というより忘れるけどその局面になれば思い出す)。
プロは1000手先まで読むとかいうけど全くの嘘で、研究してない局面では数手先も読めずに悪くしたりする。

本番の対局は研究発表会みたいなもん。どちらの研究が上回っているか。後は戦法の相性などの運、イライラせずポカをしないような精神状態。
決して超人的な読みで勝負してるわけじゃ無いんです。

ナンパに似てないですか?笑
ナンパやったことない人はナンパはイケメンやトークの面白い人じゃないと勝てないって思う人が多いはず。
俺もおっさんも顔で売ってないし、トークも別に面白くない。全ては事前研究。

こういうタイプの子にはどういう流れを選択するか、どういう会話をするか、どのようにして誘導するか、全部事前に決めてあります。
ひたすら研究と実戦を繰り返して経験を積み、戦略を確立させておくこと。



関係無いけど、昔将棋道場で女流棋士と知り合って食いまくってるって人のブログがあった。
某女流棋士をセフレにしてるってハメ撮りあげてて、顔は見えなかったけど雰囲気がそっくり。それで文章もリアリティあったから多分事実だと思う。

その時はナンパやってなくて、どうやってそんなこと出来るんだってただただ不思議だった。
今考えれば女流棋士なんて落としやすそうだし、将棋という共通の話題があれば全くおかしな話じゃない。

久々に将棋道場行ってみるかな〜、ナンパしに笑
俺が行ってた新宿道場はおっさん(一般の)しかいなかったが笑笑