ペタブログ 路上ナンパで人生逆転

僕が路上でナンパした成果や苦労、ナンパに関わる話題など書いていきます。

昼間からガンガン声かけ。適当にたくさん声かけてたら一人ビタ止め。

こんちは!めっちゃ美人な子いるなって思って声かけたんだけど!

で 、普通に笑ってくれた。

可愛い。エロいギャル系。アニメ声なのも良い。

それで色々話して和む。エステ帰りらしい。

とりあえず昼飯食おうってことでデニーズ連れ出し。

恋愛トークとか色々話していい感じになったので、ギラつくことにした。

隣に移動して肩を抱いて頭を撫でる。

彼氏いないらしいので「彼氏欲しくないの?」「クリスマスどうするの?」とか聞きながらそのままディープキス。

驚いた様子だったけど、「ここじゃ嫌…」ときたので即を確信。 「場所変えようか」と言って近くのホテルに移動 。

入ってから「何でホテル?」とか微妙に渋ってる感じだったけど、キスしたら舌絡めてきた。

そのまま押し倒して、グダは無し。

生でしたかったけど、「赤ちゃんできちゃう」って手で穴を塞がれるw

頑なに生は拒否され、仕方ないのでゴムつけて3発やった。汗だくになりながら、上から奥まで突きまくった。

細いのにDカップで体も最高だった。向こうも二回イったとのこと。
このエントリーをはてなブックマークに追加

よし、また即るかー!!と気合い入れて昼間から町田をプラプラ。

そしたら黒髪ロングのニーソがエロい子が暇そうに薬局に佇んでいたので声かけ。

花柄の目立つスカートはいてたのでお洒落だなっていじる。反応良く向こうからいろいろ話してくるので会話は何でも良かった。

地方から来た子で友達あまりいないらしい。彼氏もできたことないと。

普通に暇だってことで何のグダもなく満喫に連れ出し。

すぐに恋愛トークで食いつかせる。

処女だと言い出す。

良い感じだと思って顔を近づけると向こうからキスしてきたw 

こりゃいけると服に手入れたら、「それはダメ」と拒否。

どれだけ粘っても拒否。

キスだけはいいらしい。意味が分からない^^;

満喫では崩せないと判断して一回出てホテルへ誘導することにした。 でもやっぱり入りたがらない…。

仕方ないのでデニーズ入る。30分くらい話して説得を試みた。

何か俺のことは好きになれないとのこと。エッチなことに興味あるけど好きな人じゃないと最後まではしたくないと。最後までしないって言っても信用してくれないw

結局またブラブラしようってことで満喫入る。キスは大好きみたいで、今度は5分くらい激しくしてた。

もう満喫で粘るしか無いと思い、また服に手を入れる。激しくグダられたけど今度は崩せて、手マンまでクリア。

しかし結局挿入までは崩せなかった。

それで終わり、番ゲもできず。

どうすれば良かったのか分からない。キスからパイ揉みまでの流れが早すぎた?
このエントリーをはてなブックマークに追加

ニット帽のギャル系に声かけ。

こんばんは、めっちゃ美人な子歩いてるなって思って声かけたんだけど

何何!?

めっちゃお洒落だからハロウィンのコスプレかと思ったよ

ハロウィンもう終わってるでしょ!w

俺の中では毎日がハロウィンだよw

意味わかんない!w

こんな感じの会話で、ちょっと警戒されてる印象は受けたけど相手のテンションが高いので話しやすい。

ハロウィンは渋谷行った?何のコスしたの?ミニスカナースのコスしてよーwなどハロウィンネタでいじる。

それから状況説明や自己開示して連れ出し打診するもグダ。

時間制限で10分だけって粘って、ようやくその辺の居酒屋へ連れ出し。

色々と話題を振ってどれに食いつくか試してみる。

すると、恋愛トークに食いついたので都合が良かった。 5年付き合った彼氏と最近別れて毎日泣いてたと。

結局二時間くらい恋愛相談に乗ってしまった。

トイレ行って戻ってきた時に、普通に隣に座る(それまで対面だったので)。

激しいグダ発生ww

「戻ってよ!狭い!」と追い返されそうになるが、ここは粘る。

福島出身で言葉がなまってたので、それをいじったらちょっと笑ってグダが弱まった。

隙をついて、顔を潜り込ませるようにしてディープキス 。

「んん!」と呻いて、嫌がるかと思ったらしっかり舌を絡めてくる。

「どうした?寂しいんだろ?」と言いながら、服に手を入れて直に乳首をコリコリする。

「ちょっ、嫌!」とか言いながらも感じてるw

そのまま太もも触って手マン。

正直セックスした時よりもこの時が一番興奮したwww

もー人に見られちゃう・・・

見せつけてやれよ

場所変えて・・・

満喫へ移動し、

正常位とバックで二回やった。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ナンパを初めて二か月、ついに初即達成。

明け方岐路に着き、銀柳街を闊歩する。

自然に顔がニヤニヤしてしまって、ガラの悪い連中が怪訝な顔をしてこちらを見てくる。

全てが素晴らしく感じられて、本当に清清しい夜明けだった。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ